サラリーマン投資家がBMW E60 M5を維持するブログ

10年来の夢だったBMW E60 M5を思い切って購入した、ごく普通のサラリーマン投資家のカーライフと独り言の記録です。

 

BMW E60 M5 DSC警告灯が点灯!

タイトルの通り、遂に本格的な故障の可能性がやってきました!(ToT)

先日、出掛けて帰ってきたところで駐車しようとバックしている最中にポーンときました。


f:id:Sawajun:20190628105642j:image

 

メーターにはDSCとブレーキの警告灯が点いています。

走行自体は普通にできるので、単純に考えればDSCユニットや周辺のセンサー類が原因でしょうか。輸入車のDSC(ABS)ユニットは故障の定番といっていいほど壊れるようで、ネットでもたくさんの症例が出てきます。ユニット本体が40万円近くするみたいで、交換費用の総額は50万円近くかかるようですが、故障事例の多い部品なので現物修理してくれる業者さんも存在しています。この場合は修理費用が10万円前後?で済むみたいで、総額15~20万円くらいで収まりそうです。

にしても、痛い出費となる可能性がかなりあります。とりあえず原因の特定を進めていきたいと思います!

走行後の警告だったので可能性は低いですが、一番幸運なパターンだとバッテリーが弱っているだけ、ということもあるようです。最後にバッテリー交換したのが2014年で、その間10000kmちょっとしか走行していないので、相当弱っていることは想像に難くありません。一旦、バッテリーを交換してみようかなとも考えています。

DSCの修理をしたことある方がいましたら、ぜひ教えていただきたいです^_^;