サラリーマン投資家がBMW E60 M5を維持するブログ

10年来の夢だったBMW E60 M5を思い切って購入した、ごく普通のサラリーマン投資家のカーライフと独り言の記録です。

 

BMW E60 M5 DSC警告灯が点灯! その7~ 再度診断とその結果…


f:id:Sawajun:20190904033604j:image

 

スロットルアクチュエータ交換後、走行が可能になったにもかかわらず再度、DSC警告灯が点灯してしまったE60 M5。

前回の記事はこちら↓

 

 

 

 

今回は再度、診断機でチェックしてもらい、エラーコードの確認と故障部品の特定を行うことにしました。店は違いますが、前回の教訓を生かし、飛び込みではなく事前に予約してからの入庫ですw

 

しかし…

 

店に向かう途中で警告灯が消灯してしまいました(汗)

まぁ、エラーコードは残っているので問題ないでしょうけど…

 

診断結果は…

 

5DF0 ポンプモーター
5DF1 ポンプモーターコネクター

 

ということで、やっぱりDSCユニットということでした。ググるとDSC関連では定番のエラーコードのようです。

とりあえずエラーコードは消去してもらい、様子見ということで…

 

結局、それからは一度も警告は出ていないのですが、どうせいずれは修理することになるんでしょうね~。しかし、調べる限りこのエラーコードであれば、今度こそは現物修理でいけるのではないでしょうか?

DSCユニット修理を行っているいくつかのショップを調べてみましたが、修理費用は10~15万円程度見ておけば大丈夫かな…と思っています。

 

もっとも、スロットルアクチュエータの件のような想定外もあるので、壊れるなら予算に余裕ができてからにしてほしいですがw