サラリーマン投資家がBMW E60 M5を維持するブログ

10年来の夢だったBMW E60 M5を思い切って購入した、ごく普通のサラリーマン投資家のカーライフと独り言の記録です。

 

BMW E60 M5 amazonタイムセールで燃料添加剤 FCR-062 を衝動買い

コロナ第2波が懸念される今日この頃(というか完全に第2波きてますよねコレ……)ですが、皆様如何お過ごしでしょうか?

 

個人的にはGO TO トラベルなんて気分にはとてもなれず、基本STAY HOME もしくはSTAY CAR(?)な日々を送っていますが……雨の日も多いのでボディカバーを外す機会も中々ないというのが現状。

 

そんな中、近場でのドライブ(本当にただ高速道路を走らせるだけw)や洗車、車内清掃をしたりしてチマチマとカーライフを楽しんでいるのですが、ストレスからの衝動買いというべきか、久々にケミカルに手を出したのでご報告します。

 

今回購入したのはタイトルにもある通り、ガソリンタンクに入れるタイプの燃料添加剤でAZ(エーゼット)から販売されているFCR-062というものです。ネット上ではコスパ抜群と一部(?)で評判となっているケミカルです。

少し前から一度使ってみたいな~と思っていながらも、普段は2,800~3,300円と価格変動のムラが大きく手を出すタイミングを計りかねていたのですが、先日ふと見るとタイムセールで2,559円となっていたのでついポチっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

届いた現物がこれです↓

f:id:Sawajun:20200725163141j:image

 

飾り気のない無骨な感じです。ちょっと業務用っぽい雰囲気も漂っています。

 

缶の裏面です↓

f:id:Sawajun:20200830114053j:image

 

使用方法が記載されています。

このFCR-062は所謂「洗浄系」の添加剤で、燃焼室内のカーボンデポジットを除去して本来の性能を取り戻す、という効能が謳われています。効能としては圧倒的知名度を誇る「ボトル型の青缶に入っているアレ」とほぼ同じですが、1回あたりのコストが非常に安いのが魅力です。

使用容量ですが、下記の通りです↓

 

自動車:40~60Lに約150ml

軽自動車:30Lに約75ml

バイク:5L毎に約15ml

2サイクル車:5L毎に約5ml

 

とありますので、この1L缶で6~7回は使える計算になります。有名なアレだと1回分で1,500円くらいしますのでその差は歴然です。さらに、4L缶だと8,000円程度(タイムセールで7,000円台のことも)と益々コストは低くなります。

この手の洗浄系添加剤ですが、なにやらPEAという成分が洗浄効果のポイントになっているようです。類似品についても、基本成分はどれもPEAだったりします。要はPEAが沢山入っていれば入っているほど(エンストしない程度に)良いって感じなのかなと勝手に思っています。

 

ところでこのFCR-062、1L缶を購入しても缶のみが届き(当たり前ですが)、専用ノズルや計量カップは別売りで販売されています。さすがに缶に入ったままでは溢さず給油口に入れられる気がしない……こういうときは七面鳥バスター!ことターキーベイスターの出番です。

 

ターキーベイスターについてはコチラ↓
 

 

勿体ぶってすみません、実は単なるスポイトのことです……ということで早速購入。


f:id:Sawajun:20200830115010j:image

 

30cm以上の長さがありますので、缶の底まで届きます。実はコレ、熱帯魚などの水槽の水替え用なんですけどね。

添加剤がよく混ざるよう給油直前に注入したいので、缶とスポイトのセットを車に積んでセルフスタンドへ行こうと思っています。若干、挙動不審に思われるかもしれません(汗)

 

まぁ体感できるような劇的な効果はおそらくないと思いますが……そんなに変化しても逆に怖いですよね。

とりあえず1L使い切るまでは注入し続けてみて、何かしらの効果があれば報告したいと思います。少しでも効果が見られるようなら、もちろん次は4L缶に手を出す予定です(笑)