サラリーマン投資家がBMW E60 M5を維持するブログ

10年来の夢だったBMW E60 M5を思い切って購入した、ごく普通のサラリーマン投資家のカーライフと独り言の記録です。

 

BMW E60 M5 記録簿チェックと今後のメンテナンス方針

f:id:Sawajun:20190304195355j:image

 

今のところ好調なM5ですが、今後のメンテナンス箇所を予想するためにも、点検整備記録簿をチェックしておくことにします。

幸い私のM5は、記録簿がそこそこ揃っているようです(^O^)

では見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

点検時期と走行距離

2007年 2000km

エンジンオイル/フィルター

ブレーキフルード

デフオイル

SMGミッションオイル

ワイパー

 

2008年 12000km

交換部品なし

 

2009年 21000km

エンジンオイル/フィルター

ブレーキフルード

 

2009年 25000km

ブレーキフルード

バッテリー

エアコンフィルター

ワイパー

 

2010年 34000km

エンジンオイル/フィルター

SMGミッションオイル

 

2011年 39000km

エンジンオイル/フィルター

エアクリーナー

ブレーキフルード

 

2012年 46000km

エアコンフィルター

 

2014年 57000km

エンジン冷却水

バッテリー

ブレーキパッド(リヤ)

スパークプラグ

オルタネーター

エアクリーナー

エンジンオイル/フィルター

デフオイル

SMGミッションオイル

エアコンフィルター

ワイパー

ステアリングマルチファンクションスイッチ(左側)

 

2015年 60000km

ファンベルト/プーリー/テンショナー

イグニッションコイル(8番)

 

2016年 66000km

交換部品なし

 

2018年 68000km

交換部品なし

 

 

 

 

 

記録簿を見ての感想

以上が残っている記録簿の内容です。

なぜか、新車から2000kmでデフオイルやSMGミッションオイルを交換した履歴があったのですが、Mモデルではこれが普通なのでしょうか?ちょっと謎です^_^;

現在の走行距離は70000km手前なのですが、2014年 57000kmで結構な部品が交換されているので助かります。とはいえ、年数的にはもう5年経っているので、油脂類はそろそろ交換を考えていきたいと思います。パワステフルードも一度替えておきたいところです。

嬉しいのは、このときにオルタネーターとスパークプラグが交換されていることですね!どちらも5~10万円近い費用がかかる部品ですので、これは助かります。また、ファンベルト類も地味に数万円の費用がかかりますので、こちらが交換済みなのもラッキーでした。

ちなみにオルタネーターですが、M5の持病といってもいいくらい壊れやすい部品だそうで、5万km毎に定期交換した方がいいという説もあるようです。

 

今後、必要になってくるメンテナンスは?

ここで、記録簿から今後必要なメンテナンスを予想してみます。

 

SMGのクラッチ、ハイドロリックオイル、ポンプリレー

SMGミッションオイルは定期的に交換していたようですが、クラッチ周りとハイドロリックオイル(作動油)は交換履歴がありません。これらは、交換したのに記録簿が残っていない…なんてことはまずないと思いますので、今後交換を予定しておかないといけない部品の筆頭です。

 

ブレーキパッド(フロント)

リヤは交換歴があるのですが、フロントは交換していないようです。輸入車で70000kmもパッドが持つのか非常に疑問ですが、私のM5は走ってもフロントホイールが真っ黒になる気配がありませんので、新車から早い段階で低ダストパッドに交換している可能性があります。

いずれにせよ、最後の点検時の残量が5.0mmと記録簿にありましたので、こちらも近々交換を考えないといけないでしょう。

なお、パッドだけなら2~3万もあれば足りるのですが、ローターも交換するとなると一気に10万円コースです。記録簿通りに一度も交換していないのでしたらパッドのみ、もしくはローター研磨で済むはずですが…

 

バッテリー

最後の交換が5年前なので、一度交換しておいた方がいいのかもしれません。費用は少なくとも3万円はかかりそうなので、もう少し粘りたいですw 普段の足として乗っているわけではないため、もし急にエンジンがかからなくなっても困りません^_^;

 

タイヤ

最後の点検時の残量は前後5.5mmです。

サイドのヒビが多少気になりますので、遅くとも2年後くらいには交換でしょうか。

 

スロットルアクチュエーター

こちらは定期交換部品ではないのですが、私が最も故障を恐れている部品の一つです。スロットルバタフライを開閉するモーターで、Vバンクの片側に一つずつ付いているのですが、片側交換するだけで15万円近くかかるそうです((( ;゚Д゚)))

ネットで故障事例を調べるとよく見掛ける故障ですが、まったく大丈夫なオーナーもいるみたいで、こればかりは運次第でしょうか。

片側だけでも交換歴があったら、とっても嬉しかったのですが残念です。

 

まとめ

金額的に備えておかないといけないのは、クラッチ周り、スロットルアクチュエーターくらいですね、合わせて50万円は確保しておく必要があります。中々厳しいですねw

その他の消耗部品は10万円あれば何とかなるものばかりなのですが、一度に複数の部品交換が襲ってくるとこれも厳しいものがあります。

また、普段見ることのない足周り部品(ブーツやブッシュ等)についても、車検時に突然「交換しないと車検に通らない」となったりするので、こちらも心の準備をしておく必要がありそうです。

車検時に高額請求でビックリ…とならないように、普段から少しずつメンテナンスしていきたいと思います。