サラリーマン投資家がBMW E60 M5を維持するブログ

10年来の夢だったBMW E60 M5を思い切って購入した、ごく普通のサラリーマン投資家のカーライフと独り言の記録です。

 

車名と一致しない排気量に困惑

f:id:Sawajun:20190227082031j:image

いきなりですが、この新型BMW 3シリーズ 330iという車、何リッターの何気筒エンジンが搭載されているでしょう?

「330iといえば、3.0L 直6でしょ!」

と思ったアナタ、E46世代のオジサンですね?w

残念、コチラの330iは2.0L 直4エンジンなんです。メーカーに言わせると、ターボによる過給で3リッター相当の出力、ということらしいです。

う~ん、分かりにくい!

実はこの、排気量に対して数字を盛る傾向はダウンサイジングターボが出始めた10年程前からありました。

BMWでいうと、3.0L 直6ターボを335iと名乗り出した辺りからでしょうか。それ以前は、3.0L 直6のデチューン版を328iと呼んだりと、逆に謙遜してた時代もありましたがw

レクサスも3.5L ハイブリッドを450hと名乗っていますね。まぁこれはハイブリッドなので分からなくもないです。

しかし、ここ5年くらいからでしょうか、数字の盛り方がどんどんエスカレートしています。以前は、ターボを付けて精々排気量+0.5L分の盛りだったのが、最近は1.0L、1.5L盛りが当たり前になってきました。

別にBMWに限ったことではありませんよ、グレード名に排気量を表す数字を付けているメーカー全般の話ですので悪しからず^_^;

それでは、一例を挙げてみましょう。

 

 

 

 

 

 

メルセデスベンツ

S560 → 4.0L V8ターボ

S450 → 3.0L 直6ターボ+モーター

 

メルセデスAMG

C63 → 4.0L V8ターボ

C43 → 3.0L V6ターボ

 

BMW

740i → 3.0L 直6ターボ

740e → 2.0L 直4 プラグインハイブリッド

 

アウディ

A8 55 → 3.0L V6ターボ

A8 60 → 4.0L V8ターボ

 

レクサス

LS500 → 3.5L V6ターボ

RX300 → 2.0L 直4ターボ

 

うーん、ややこしいですね…

命名規則もメーカー毎に異なるので、覚えるのが大変、テストに出たら困りますw

特にレクサスなんて、LC500は名前通りの5.0L V8なのに、LS500は3.5L V6ですからね、難易度高いです。

 

余談ですが、調べているとBMW760iは6.6L V12ターボにも関わらず、過小申告していることが分かりましたw

780iくらいでも不思議じゃないのに、謎ですか、おそらく760iという数字に伝統があるからでしょうか?

 

まとめ

結局、メーカー毎のエンジンラインナップとグレード名に使われる数字を覚えておかないと、どんなエンジンが搭載されているか分からない、というのが結論です。

もはや世間では、排気量や気筒数は無関心事項となってしまったのでしょうか?出力さえあれは良い、という時代なんですかね。

 

私のような、記憶力の怪しくなってきたオジサンには厳しいですが、これからも頑張って時代に付いていきたいと思います^_^;